幼稚園受験をするために必要なこと

子どもをより良い環境で教育してきたいと願う保護者は多くいますが、少子化に伴い我が子にかける教育資金も多くなっています。その中で幼稚園受験をする家庭も増えてきました。受験して入園する幼稚園は高校や大学まで付属のことが多く、一貫した教育理念、その後の受験を回避するというような利点が多くあることが人気の理由です。確固たる教育理念があることで子どもが惑うことなく成長していける環境を願う家庭が増えているのです。そしてこの人気に伴い、幼稚園受験の競争率も高くなっている傾向があります。合格を勝ち取るためには親子、家族が一丸となって合格に向かって準備を進め、その体制をとる必要があります。生まれた時から幼稚園の受験に向けた環境を整えていく家庭も少なくありません。

幼稚園受験に向けて家庭で行うべきこと

幼稚園の受験は様々な角度から子どもの特性を見るものです。小さな子供はその場のみで取り繕うことなどできません。普段の生活習慣やマナーがそのまま出るものです。ですから、家庭での過ごし方がとても大切になります。まずは言葉使いです。まだ外の世界をあまり知らない時期の子どもは親の真似をして育ちます。家庭での言葉使いは親が見本となります。また食事の仕方、他の人とのやり取りなどもそうです。自分の気持ちを相手や周りに上手に伝える力、譲る、譲られるなどの経験を通して人とのかかわりを覚えていきます。そうした行動に関しては家庭、近所や子ども同士などの触れ合いの中で自然に身についていくものなので、親が見本となり子どもに示していくことが必要です。そのうえで受験に必要な細やかなノウハウは専門の教室で学ぶことが必要になります。

幼稚園受験のための教室について

幼稚園の受験専門教室は、受験に関する情報、試験の出方、それぞれの幼稚園の特色を把握し、合格に導く手助けをしていきます。希望する幼稚園の合格率の実績が高いということは大きな希望になります。手先を使った学習、頭で考えて答えを出す学習、同じ年代の子どもとの触れ合い、運動能力の向上、親子面接など細やかな部分までの指導が子どものみならず親に対してもあります。そういった専門的な学習は家庭だけで行うのは難しいものがあるので、受験に特化している教室はとても有意義であり、合格への道筋を立てられるということになります。このように、まずは家庭での生活の中で土台を作り、専門教室で細やかな部分を身に着けていくということで結果がおのずとついてくるということになるのです。

伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 独自の教育で幼稚園受験対策